FC2ブログ

TIKIBAN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by tk.tkbn on  | 

morning glory.

平日の明け方。

午後からの用事のために取った有給。
前回の結果にムズムズする気持ちを抑えきれずに、
「朝だけ」と心に決めて、スイッと水面へ。

フライング気味にスタートしたっていうのに、
まるで反応がない。
真っ先に入った前回のポイントも完全に沈黙。

朝からギンギンにたたせた(…殺気を、ね)のが敗因か。

薄ら明るくなり、放射冷却を感じはじめる。
そんなにウマくはいかねーな。
最後に大場所の流れ込みをダメモトで攻める。


PB130148.jpg

PB130149.jpg

PB130155.jpg


1箇所1匹。まさかの3連発。
45、43、45。
サイズも悪くない。

いるじゃねーか。
いつも投げるけど、
バスが出たことの方が少ないんだけどな。

なぜ今日に限って出たのか、
なぜ他の場所では出ないのか、
理由はまったくわからないけど、
朝日が妙に暖かかったのは間違いない。

たまには早起きも悪くない。

スポンサーサイト
Category : surface game
Posted by tk.tkbn on  | 0 comments 

moving day.

久々の、みんなのダム(nunoさん風に。)
久々に、一日プラッキング。(もう2週間も前の話だけど。)

付き合ってくれたのはカチカチさん。
午後から雨の予報にまぁまぁテンション上げつつも、
ゆっくり集合、到着即メシ、あわてずさわがず水面へ。

だいたい、このコンビで行くときは、
雨の予報が期待どおりにならない。
必要以上に期待して裏切られた時の怒りは計り知れないので、
あえて気持ちを押さえ込むが、
それでもそそくさと準備する姿は、
傍から見たらきっとはしゃいでるようにしか映らない。
トップウォータープラッガーたるもの、そうでなきゃ。

それしても人がいない。
低地系フィールドからメインフィールドが
移り変わるギリギリのタイミング。
ましてや、まだまだ減水中のダム。
雨予報とはいえ、まだまだ分散する時期なのかな。

めずらしく天気は期待どおりの展開なのに、
ゲームは期待どおりに展開しない。
もはや「雨が効く」は都市伝説と言われて久しいけど、
その都市伝説すら忘れてしまう程、
バスからのリアクションはナイ。

こんなときは、ルアーアクションを派手にして、
せめてテンションだけでも上げてみる。
目の前には丁度いい流れ込み。
さっきまでの強い降りで濁りと流れもまぁまぁ強め。

「こーゆーところはコレですよ」
うそぶいてデカパイマをセット。
だいぶ派手めに、1ターン1ターン踊らせる。
…もちろん、出ない。
そんなこと言ってて、出たことないんだから。
ただ、なんだか面白くなってきて懲りずにキャストする。
シツコイ男は嫌われるが、そんなことは関係ない。
そもそも出ないんだから、これ以上嫌われようがない。

一つの流れ込みに10キャストはしただろうか?
もはやデカパイマの派手なダンスにも慣れてきた頃、
「ドカーンッ!」
まさかの横っ飛びバイト。
これにはシビれた。キレイな45だった。
PB010132.jpg


ウソのような1匹の後、
そこからバイトが続くようなことも一切なく、
ウソのように静まりかえる水面。

こうなりゃ、あっちの流れ込みも派手に誘ってみるか?
とちょこちょこ移動してると、
前方からプラッガーっぽい船が。
邪魔しないように反対岸に船を進めると
「チワーーッ」
と聞き覚えのある声が。

あ、ザキだ!
ウソみたいなタイミングで
TOPBRIDGEのザキと、nunoさんコンビに遭遇。
やはり!
さっき遠くに見えた「黒い人」はnunoさんだったか。
話を聞くと、
さっき遠くに見えた「赤い人」はノビーだったらしい。
やはり、みんなのダムはみんなのダムだった。
いるべき人が
いるべきタイミングで
いるべきところにいる。
安定感グンバツで嬉しくなっちゃう。
PB010135.jpg
PB010134.jpg


そんなこんなでたっぷりトークを楽しんで、
気がつけば夕まずめ。
これもタイミングと、TOPBRIDGEルアーをローテーション。
けど、やっぱり何をやっても反応ナシ。
中途半端な季節のせいなのか?
もはや霧雨となったこの雨に、
動いてるのは人だけで、バスは動き出してもいないのか?
二人とも得意のアンディを結んだものの、
カチカチさんにやっと出た2バイトもノッてくれない。

もう終わりかな。
最後の最後、そのバイトがあったストレッチ、
というか10メートルくらいのスポットに二人でキャスト。

またカチカチさんに乗らないバイトがある。
それを横目にマイナス気味に投げた僕のアンディに、
「ドンッ」
まさかの連続バイト。からの49。
PB010137.jpg


ココ、いるんぢゃね?ザワつく二人。
カチカチさんのアンディが雰囲気を纏って飛んでいく。
「ドドンッ」
まさかの連続バイト。からの48。
PB010143.jpg


こんなこともあるんだね。
二人でガッチリ握手をして、笑顔でロッドを置く。
終わってみれば、シビれる展開。
それだけに僕らの満足度は高い。
もちろん、こんなことはそうそうないんだけど、
でもこれがあるからやめれられない。

いよいよハイシーズン(nunoさん風に。しつこい)。
これがラストにならないように、祈るのみ。

Category : surface game
Posted by tk.tkbn on  | 7 comments 

good times.

房総はまだまだ秋とはいえ、
気がつけばだいぶ寒くなってきた。

さっそく11月のプラッキングを…

といきたいところだけど、
ここのところ忙しくて溜めっぱなしになっていた、
10月のアレコレから書き留めておこう。


1.jpg
2.jpg
いつもの朝だけゲーム。
やっぱり、カッコいいルアーは絵になる。
というか、ハンドメイド・ルアーはカッコよくなきゃならない。
2753ダンディを使うたびに思うこと。
「カッコいい」は外せない「機能」だってこと。



10.jpg

3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
初めてかもしれない。
3日間のソロ・トリップ。
使う予定がポシャッて浮いていた夏休みを、
消滅するギリギリで会社に申請してトリップへ。
台風18号の影響もあって、本当にギリギリまで悩んだけど。
せっかくだから、今までで一番遠いトコロまで。
縁もゆかりもないトコロまで。

結果は言うまでもなく、本当に行って良かった。
写真には収めきれなかった釣果もそうだけど、
何より、
あぁ、僕はこーゆーのが好きなんだな
って思い出した気がする。

もう20年も前になるけれど、
Tomと二人で琵琶湖・湖北に通いつめていたことを思い出す。
今と違って情報なんて雑誌くらいしかなくて、
カメラなんて「写ルンです」くらいしかなくて。
春はスポーンのメスを狙い、
夏は湖水浴中心の釣りほどほど、
秋は巻物でゴリゴリ数釣り。
釣れるときもあったし釣れないときもあったけど、
自分達で調べて自分達で考えて自分達の答えを出す。
結果はどうあれ満足感に包まれて帰ってくる。
トリップそのものが目的で、それだけで楽しめていたこと。

本当にいいソロ・トリップだった。
今度は皆で行きたいな。



12.jpg
そして急に寒くなったいつものフィールドへ。
朝だけだと、放射冷却もあって特に寒く感じる。一気にニット帽だし。
これが今シーズン、低地では最後のバスになるのかな…
って思ったバス。
実は後日、もう1匹だけ釣れたけど、なぜかピンぼけ。
「最後のバス」なんて余計なこと考えたからだな。
いい予感はハズレてばかりで、
悪い予感ばかり当たるのは、
期待ばかりで根拠がないものと、
うっすらだけど無意識に根拠を感じているものとの差。

それでも懲りずに期待しちゃうのは、
絵に描いたような時間を夢見ちゃうのは、
僕たちがトップウォータープラッガーである証みたいなものかもね。

さぁ、そろそろ本格的に寒くなってきた。
11.jpg

Category : surface game
Posted by tk.tkbn on  | 2 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。